2011年04月29日

【iPhone5試作品】写真で前世代よりも大型スクリーンであることを確認!?

iphone5.jpg


どうやらiPhone5には前世代よりも大きなスクリーンが搭載されるという説を大きく裏図づける証拠が出てきたようだ。

ウェブサイトMIC Gadgetによれば、中国から寄せられたiPhone5の試作品で前世代よりも大きなスクリーンが搭載されていることを確認できたという。

その写真によれば、デザインはiPhone4によく似ているそうだが、スクリーンは4よりも大きいことが確認できるという。
iPhone 4では3.5インチであったディスプレイが、iPhone5では3.7インチ〜4インチになると考えられているそうだ。しかし、フレームの大きさは同じ。同じフレームのまま、スクリーンの大きさを大きくすることになる。

ソース元:page i


posted by ドコノコキノコ at 10:00| 沖縄 ☁| WWDC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

iPodtouch(第1世代〜第4世代)対応GPSクレードル「XGPS251」

01_s.gif

ワックドットコムは、iPod touch(第1世代〜第4世代)をカーナビとして利用可能にするGPSクレードル「Dual Portable GPS & Battery Cradle for iPod touch XGPS251」を3月1日より発売する。価格は1万9800円だが、同社のオンラインショップ「ワックオンラインストア」(http://catalyst.wac-jp.com/)では特別価格1万7800円で発売する。また、先行予約を2月25日から開始しており、2月25日〜3月1日までの先行予約者全員にiTunes ギフトコード1000円分をプレゼントする。

 XGPS251は、iPod touch用GPS内蔵クレードルとダッシュボードに取り付けるための吸盤スタンドホルダーなどがセットになった製品。GPSをクレードルに内蔵し、位置情報をiPod touchに通知する仕組みを持ち、多くのナビアプリが利用できる。

 利用可能なナビアプリとして、同社の「navico 全国詳細地図版」「navico 東名阪詳細地図版」のほか、「NAVIelite」「GoGo Navigation」を挙げており、「MapFan for iPhone」「いつもNAVI」「全力案内」に関してはインターネット接続を伴う部分についてはWi-Fi通信環境下での利用が必要としている。

 また、Googleマップなども動作可能(Wi-Fi通信環境下)で、iOS標準の位置情報サービス(コアロケーション)を利用するアプリケーション全般で動作可能と言う。

 クレードルのサイズは63.5×20.3×129.5mm(幅×奥行き×高さ)、吸盤スタンドホルダーのサイズは71.1×25.4×147.3mm(幅×奥行き×高さ)。DC12V〜24V対応のシガーソケット電源アダプターが付属する。また、GPSクレードルはリチウムイオンバッテリー内蔵タイプのため、吸盤スタンドホルダーから取り外して持ち歩けるほか、iPod touch用の充電器として使用できる。動作時間はGPS利用時で約10時間。


安くて似たようなGPSクレードルでこんなのがあります。
(iPodtouch対応GPSクレードル)



posted by ドコノコキノコ at 14:20| 沖縄 ☀| iPodtouch対応GPS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

「iphone5」デビューは6月第4週か!?

韓国のニュースサイトが「6月第4週」と伝えて注目を集めるなど、さまざまな憶測が飛び交っている。

MacRumorsサイトは、韓国のETNewsがiPhone5が6月第4週にリリースされることを「アップルが認めた」と伝えた記事を翻訳して紹介した。この情報は欧米のサイトで取り上げられ、話題を呼んだ。5日には検索大手グーグルの「ホットトピック」で一時トップ項目となり、米国内のブログも一斉に注目した。

しかし、この情報には疑問が残る。口の堅いことで知られるアップルが期日を確認したとの報道は信じがたい。米国と韓国で同時発売と書かれているのも、iPhone4の韓国での発売が3カ月遅れだったことを考えると疑わしい。さらに付け加えれば、この記事が流れたのはエイプリルフールにあたる1日だった。

過去の例をみると、初代iPhoneとiPhone3GS、iPhone4の発表はいずれも6月、iPhone3Gも7月初めだった。そのたびにデビューの舞台となったアップルの世界開発者会議は今年も6月6―10日に予定されているが、テーマをハードウエアではなくソフトウエアにしぼる見通しとされる。

また、今回は東日本大震災の影響という不確定要素もある。ソニーのハワード・ストリンガー会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)は最近、同社のイメージセンサーが次期iPhoneに採用されることを示唆したうえで、日本国内15カ所の工場が震災の影響を受けたため、製造が遅れるとの見通しを示した。

さらにアップルのスティーブ・ジョブズCEOの健康状態が開発にどう影響するかも不透明だ。今のところ確かなのは、どのメディアにも確実なことは分からないという点だけだろう。


ソース元はこちら

4月1日に出てきたこともあり不確かな情報ですが、とにかく早く欲しい!! ていうか早く発売してくれないとアンドロイド買っちゃうよジョブスさん!!
ラベル:iPhone5
posted by ドコノコキノコ at 10:41| 沖縄 ☀| iphone5情報(噂) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。